なくなると困る?便利な通信について

通信を良く聞くなと思ったら調べましょう

携帯電話を使い始めた時

私が最初に購入した携帯電話は、片手では持てますが重量は今の製品の三倍くらいはあったと記憶しています。長時間の会話では持つ手が本当に疲れました。そして、一緒に外出先で取引先の人にも貸したりすると、半日で電池がなくなり予備の電池でやっと一日持たせたような記憶もありました。充電する装置ももって出掛けましたが大きくて、訳を話して昼食の店や取引先で電気を借りた覚えもあります。
そして、通信料の安価で小型の電話機があったPHSに乗り換えたときは、その軽さとベルト横につけたホルダーに収まることに感激し、通話もそれほど僻地へ行かない限り途切れない便利さに、数年にわたって利用しました。しかし、高速で移動中の場合や、地下の部屋での打ち合わせでは通じずに、いろいろな方面に不便さを強いたこともあり、この時代ではそれはある程度許されたことがあった、とてもまだまだ緩やかな事情だったのですね。そして凄く短いメモのような連絡メモは、同じ携帯電話会社ではサービスがありましたから、遅刻しそうなときや、事故などで普通になった場合の連絡には重宝しました。

人気の通信。ネットならここがおすすめです

Copyright (C)2018なくなると困る?便利な通信について.All rights reserved.